CALENDAR
2017.09.
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

さくら

Author:さくら
2006.9.6 乳癌告知
   10.6 温存手術
  12.25放射線治療終了
  11~UFT服用開始
2007.2 肝機能障害で服用中止
   3~現在 無治療
東京在住40代.A型.主婦

最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
桜の季節を重ねて…

さくらのつぶやき

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- -- --:--
検査と結果
27日 マンモとCTの検査に行ってきました。
術側の胸を挟まれるのが恐怖だったけど
想像してたような激痛も無く、耐えられる程度でした。
単に私が痛さに強いから?それとも鈍感なのか?!
子宮体癌の検査に比べたら、どれも楽に感じるかも
予約時間通りに検査は進み、この日は帰宅。

10月1日 外科の診察日
この日は、病院内が患者でごった返していました
診察時間も大幅に遅れ、3時間も待たされました。
電子カルテと画像を見ながら
DR「血液検査.腫瘍マーカー異常無し。マンモも両胸共に異常無し。
肝臓も肺も綺麗です」
「これからは3ヶ月毎の問診.触診になります。
少しでも異常を感じたらすぐに来て下さいね」
「自分でもちゃんと触診するのを忘れないように~」

私「分かりました。有難うございました」
…と、3時間待ったのにあっさりと診察終わり
とにかく異常が無くてよかった♪

会計がまたメチャクチャ混んでて、今日はどんだけ~って位待たされゲッソリ
疲れ果てて帰宅しました。


2007.10.01 Mon 00:00
告知から1年
告知から1年が経ちました。
この年も4月にマンモ&エコーの検査をして、異常無しだったので
まさか癌だなんて思いもせずに、大雨の中1人で病院へ行き
1人で告知を受ける事になってしまいました。
病院での私は、自分でも意外なほど冷静だった記憶があります。
脇のリンパに転移が無いか?エコーを終えて着替える時に
初めて涙がこぼれ落ちました。
癌になって泣いたのは、これが最初で最後だったと思います。
泣いたら癌にも自分にも負けそうな気がしたから…。
家族の悲しむ顔や心配する姿を見るのが一番辛かったので
帰宅後、病気の説明を淡々としました。
出来る事なら癌になんかなりたくなかった!
ただ一つだけ…癌になったのが私でよかったって事。
もう これ以上大切な人に何も起きて欲しくないから。

9月10日 外科の診察日
新しい主治医になってから、初めての触診がありました。
DR「お~、綺麗な術痕ですね。盛り上がりも引き攣れも無くて
見た目は全然分からないですね」

私「前の主治医が出来る限り、周りの脂肪を寄せてくれたお陰です」
確かに自分で上から見ると、高さの違いはあるけれど
正面からだと傷痕が無ければ本当に分からないくらいです。
移動してしまった○○先生には感謝の気持ちでいっぱいです。
DR「さて、一年目検査のメニューはどうしますか?」
「自覚症状が無ければ、マンモと血液検査でいいと思うけど。
希望があれば全身検査も行いますよ。ただやっても意味が無いんだけどね」

私「意味が無い?って、何故なんですか?!
DR「再発転移を検査で見つけられるのも、タイミングの問題なんだよね」
「今 全身検査をして何も無くても、次の検査までの間に異常が出るかも知れないし。
要するに自覚症状が出てから検査しても遅くは無いと言う事です」

私「はぁ~そうなんですか」
何だか妙に納得してしまった…。
何らかの異常を感じて検査をして発見されるケースが多いし
現に私自身も4月の検査では異常無しだったのだから。
(中には健康診断で早期発見できるケースもあるけれど
これは本当にいいタイミングで検査を受けられた方だと思います)
…と言う事で
私「マンモ.血液検査.CTでお願いします」
DR「分かりました、予約入れておきます。異常を感じたら、すぐに受診してくださいね」

検査日は9月25日になりました。


2007.09.06 Thu 20:35
温泉デビュー
昨年は告知騒ぎで、台無しになってしまった夏休み
今年はリベンジです
9日間、過去にないくらい遊びまわりました
ワンコ連れで旅行へ行って念願の温泉にも浸かってきました。
放射線痕の■は、まだ薄っすらと残っているけれど
温泉内は薄暗いので、3回も入浴して満足~
帰宅後も、イベント.テーマパークなどなど…。
今年はワンコと色んな所へ出掛けて
楽しい~楽しい~♪夏休みになりました






2007.09.02 Sun 00:00
異常無しでした。
暦の上では立秋ですが、毎日暑い日が続いています

先月受けた婦人科検診、子宮頸癌 体癌ともに異常無しでした。
ご心配お掛けしました。
そして先月23日、放射線科の診察に行ってきました。
こちらも異常無しでした。
放射線治療が終わって7ヶ月も経つのに
まだ■マークが消えません
どちらかと言うと色が白いほうなので、余計に目立つのかな…。
それ以外、体調も精神面も落ち着いています
時々胸が痛くなったり、頭痛が続いたり…なんて事もありますが
あまり乳癌と結び付けて考えないので、お気楽なものです。
だからと言って、乳癌を甘く見ているわけではありません。
必要以上に意識せず、楽しい毎日を送る事が私には1番です

今日の日記から、コメント欄を外す事にしました。
今まで温かいメッセージを残して下さって
本当に有難うございました
リンクの件ですが、リンクをして頂いているサイトさまの
ご迷惑になるようでしたら、外して頂いて結構です。
こちらのリンクは、そのままにさせて頂きます。
引き続きブログの方は、記録と無治療のデーターとして
更新していくつもりです。
こんなブログですが、ご用のある方はお手数ですが
メールフォームからお願い致します


2007.08.09 Thu 17:52
痛かった~
ba-bena.jpg


もう7月ですね~今年も半分が終わってしまいました。
昨年の今頃は、まさか自分が乳癌である事など疑いもせず
お気楽に暮らしていたのに…。
日常生活のふとした瞬間に、何とも言えない思いが
こみあげてくる。
先日も、お花にお水をあげながら
この花壇、GWに主人とせっせと作ったんだよなぁ。
大変だったけれど楽しかったな~なんて考えていたら
切なくなってしまった。
小さな幸せを感じれば感じるほど、命の大切さを思い知る。
ちょっとだけ、弱気になっているのかな?…ワタシ。

先日はご心配をお掛けしました。
30代半ばから、お世話になっている婦人科で
検査をしてきました。
ここの個人病院は、先生も看護婦さんもとても親切で
婦人科以外の体の悩みも聞いてもらえます。
初めて『乳腺線維腺種』ができた時も、この病院から
Tガンセンターへ紹介状を書いてもらいました。
その3年後、残念ながら違う部分に乳癌が…。
術後初めて病院を訪れたので、乳癌になった事も報告しました。
そしたら、な.なんと!先生(女医さん)も昔 乳癌になり
全摘をされたそうで…。
勿論今もお元気で、バリバリ仕事をされてます!
「相談にのれる事があったら言ってね」と優しいお言葉を
かけていただき、本当に嬉しかったです
で、今回は子宮頸癌の他に、子宮体癌の検査もしてきました。
体癌の検査は痛いと聞いていたけれど、これ程痛いとは…(ToT)
痛さのあまり、あぶら汗が出るし、気分は悪くなるし
終いには貧血を起こしてしまいました。
痛さに強い方なのに、もう2度とやりたくない検査の
ひとつになりました。
40分程ベッドで横になってから帰宅したけれど
思い出すだけで怖いっ!!!
ホルモン療法をしている方は、定期的にこの検査が
あるようですが、本当に頭が下がります。
やっぱり自分で体験して初めて、その辛さが分かるのですね。
結果が出るまで、もう少し日にちが掛かるそうです。
どうか異常がありませんように…


2007.07.04 Wed 12:18

Copyright © 桜の季節を重ねて… All Rights Reserved.

Material & Designed by 歩いた先には潰れた銀杏

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。