CALENDAR
2017.07.
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

さくら

Author:さくら
2006.9.6 乳癌告知
   10.6 温存手術
  12.25放射線治療終了
  11~UFT服用開始
2007.2 肝機能障害で服用中止
   3~現在 無治療
東京在住40代.A型.主婦

最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
桜の季節を重ねて…

さくらのつぶやき

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- -- --:--
桜の季節
sakura.jpg


桜の季節がやってきました
今年も主人とこの季節を迎えられて、本当に嬉しいです。
綺麗な桜を見ていると、亡くなったあの人にも、この人にも
見せてあげたいといつも思います。
一緒にお花見は出来ないけれど、遠い空の上から
きっと見ている事でしょう

やっと心も持病のめまいも落ち着きました。
この数週間、めまいの恐怖.病気の孤独感に襲われて
海の奥深くに落ちた気分でした
でも、もう大丈夫です

補助治療について、主治医と2回ほど相談しました。
主治医は前にも書いたとおり
「アドリアマイシンやタキサンは、私にとってはデメリット
の方が多いので、そこまでやる必要は無いでしょう。
UFTは合わないので、あとはCMFをやるかどうかを
決めて下さい」との事でした。
私の通っている病院は、病理検査での腫瘍径は出なくて
前から気になっていたので、主治医に聞いてみました。
「摘出した部分の大きさから言うと2cmちょっとでしょう」
そうなのか~エコーで見た時よりも若干小さかったんだ…。
1回目の診察日にはCMFに気持ちが傾き、受ける気でいましたが
自分の今の状態.アレルギーや持病の事
CMFは点滴/2W.経口/2W ×6 半年も続く補助治療に
精神状態は大丈夫なのか?!
もともと食欲にムラがあるのに、副作用で食べられなくなったら
体力も免疫力も落ちてしまうじゃないの!
いろんな考えが頭を駆け巡り、どんどん迷う一方…
母や主人に相談しても「私達は、出来る限りの治療をすべて
受けてもらいたいけれど、辛い思いをするのはあなただから
絶対やりなさい!とは言えないし、強い薬を体内に入れる事が
果たしてそれがいいのか悪いのか判断できない」
冷たく聞こえるかも知れないけれど、私も家族が癌になったら
同じ事を言うと思う。結局 決断するのは本人。
だって、自分の人生なのだから…
そして2回目の診察日、主治医に自分の考えを伝えました。

私「抗がん剤は受けたくないです。データー的に無治療は
  無理ですか?」
主「やっぱり嫌なんだね、気になる点はグレードだから
  医者としてはCMFを勧めるけれど…
  嫌々受けても仕方がないしね。
  CMFを受けても絶対は無いし、こればかりは
  答えようがないんだよね」
私「そうですか…」
主「どうする?」
私「無治療でいきます!」
主「分かりました。無治療の患者さんも居るからね」

この日が主治医の最後の診察になりました。

私「今日まで本当に有難うございました。
  心から感謝しています。大阪に行かれてもお元気で…」
主「有難う。引継ぎの先生も乳腺専門だから大丈夫だよ。
  元気でね」

主治医との別れ、自分で決断した結果。
数週間はポッカリと心に穴があいたようで
無気力状態に陥り、無治療の不安に心が揺れた。
今は補助治療に抗がん剤をやるのが当然だけれど
私みたいな考え方の人間も居ると言う事で
読んで頂けたら有難いです。
この決断は決して諦めではなく、私にとっては始まりです。
抗がん剤を受けて、安心して過ごせる人も居れば
抗がん剤を受けなくても、良い精神状態でいられる人も居る。
決断の結果は、多分一生分からないと思います。
でも、決めたからには体調管理を万全にして
明るく楽しく、前だけを向いて歩いていきたいと思います。
この先、人生がどれ位あるのか分からないけれど
今この時を、精一杯生きる事が大切なんじゃないかな

ブログでは、沢山のお友達に励まされ又支えられて
ここまで来る事ができました。
心から感謝しています。どうもありがとう


2007.04.04 Wed 12:27
無題
今週 病院へ行ってきました。

主治医と相談の上、結論は出ています。

心配して下さるお友達に早く報告を…と思いながら

日にちばかりが過ぎてしまいました。

気持ちの整理が付くまで、もう少し時間を下さい。

今まで緊張していたせいか?決断してホッとしたのか?

今週はあっちこっち体調不良で、ダラダラした日々を

過ごしてしまいました^_^;

寝込んではいないので心配しないで下さいね。


2007.03.16 Fri 19:43
最悪…
昨日は病院へ行ってきました。
血液検査の結果、肝機能も白血球もすべて
正常値に戻りました。
これからの補助治療については
結局結論が出ないまま。
返事は1週間後になりました。

精神的に酷く疲れています…
ここに来て下さる皆さまに励ましていただくだけで
皆さまの所へはコメントを残す事も出来なくて
本当にごめんなさい。

たかが抗がん剤、されど抗がん剤…
OPE直後だったら、補助治療の決断も
すぐにできたかも知れない。
でも、今こうして穏やかな生活に戻りつつあると
頭と心がバラバラな考えを起こし、自分がどうしたらいいのか
益々混乱するばかり。
こんな事で凹んでいる私は本当に弱い人間なんだ…


2007.03.06 Tue 09:58
腕が痛い~
週末から風は強いし、気温も低くて寒い~
本来ならこれくらいの寒さは当たり前だけど
先週は春のような陽気が続いていたから
余計に寒く感じちゃう早く春が来ないかな

最近の私は、気分の浮き沈みはあるものの
体調はまあまあ良いです
しかし、放治が終わってから、腕の調子がイマイチ
腕の内側の突っ張った感じ、痺れたような感覚は
無くなって、腕も真上に上げられるのに
放治後は、二の腕の外側がピリピリ痛くて浮腫んだ感じがする。
特に雨の日は、腕も術痕も痛い
これが治るのは、時間薬しかないですね…

そして、放射線焼けの方は2ヶ月経って
かなり薄くなってきました
かなり焦げた?乳頭も、体を洗う度に茶色い皮がタオルに
付くので、焦げた部分が取れてきているようです。
しかし、色素沈着はなかなか治らないみたい
健側と比べると…

19日の日記では、沢山のアドバイスを有難うございました
参考にさせて頂き、自分なりに色々と考えていますが
ある方向に気持ちが動いてきました。
あとは主治医と相談して、納得が出来る決断をしたいと思います


2007.02.26 Mon 16:34
結果
昨日は採血今日は診察…連チャンで病院へ行ってきました

今日は1時間半待ちで名前が呼ばれ診察室へ。
血液検査の結果を聞きました。

白血球 4300→3700
AST(GOT) 62→39(上限値35)
ALT(GPT)115→68(上限値35)

中性脂肪 365→100(上限値150)

まだ肝機能の数値が高いので、又2週間後に採血予定。
結果としては、今後UFTの服用は中止になりました
UFTで肝機能障害が出る確率は2割程度。
大体1年間服用したあたりで見られるそうです。
私の場合2ヶ月でこの数値なので、この先2年間の服用は無理
マイルドな薬なのに体質に合わなかったのでしょうか?!
そして不思議なのが中性脂肪
半月前の検査で365と言う異常な数値
毎年 成人病健診をしているけど、こんな数値は初めて
今回は正常値に戻ったって事は、これも副作用なのか
主治医も分からないそう

…と言う結果から
ホルモンはマイナスだし、他の経口抗がん剤は無いし
残された補助治療の候補はCMF
これも点滴してみないと分からない。
次回の採血は3/5、この時点で肝機能が戻っていれば
CMFを受ける事ができるけれど、すでに術後から
5ヶ月経過している事と、UFTでこの状態という事
アレルギー体質と言われる人の10倍も高い数値が出てる事などが
迷う原因になっている
自分のなかでは、無治療もありかな~と言う思いもある。
が、今は考えても、色んな事が頭の中を回るだけで
答えは出ない…一体どうしたらいいの


2007.02.15 Thu 20:54

Copyright © 桜の季節を重ねて… All Rights Reserved.

Material & Designed by 歩いた先には潰れた銀杏

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。