CALENDAR
2017.10.
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

さくら

Author:さくら
2006.9.6 乳癌告知
   10.6 温存手術
  12.25放射線治療終了
  11~UFT服用開始
2007.2 肝機能障害で服用中止
   3~現在 無治療
東京在住40代.A型.主婦

最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
桜の季節を重ねて…

さくらのつぶやき

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- -- --:--
告知から1年
告知から1年が経ちました。
この年も4月にマンモ&エコーの検査をして、異常無しだったので
まさか癌だなんて思いもせずに、大雨の中1人で病院へ行き
1人で告知を受ける事になってしまいました。
病院での私は、自分でも意外なほど冷静だった記憶があります。
脇のリンパに転移が無いか?エコーを終えて着替える時に
初めて涙がこぼれ落ちました。
癌になって泣いたのは、これが最初で最後だったと思います。
泣いたら癌にも自分にも負けそうな気がしたから…。
家族の悲しむ顔や心配する姿を見るのが一番辛かったので
帰宅後、病気の説明を淡々としました。
出来る事なら癌になんかなりたくなかった!
ただ一つだけ…癌になったのが私でよかったって事。
もう これ以上大切な人に何も起きて欲しくないから。

9月10日 外科の診察日
新しい主治医になってから、初めての触診がありました。
DR「お~、綺麗な術痕ですね。盛り上がりも引き攣れも無くて
見た目は全然分からないですね」

私「前の主治医が出来る限り、周りの脂肪を寄せてくれたお陰です」
確かに自分で上から見ると、高さの違いはあるけれど
正面からだと傷痕が無ければ本当に分からないくらいです。
移動してしまった○○先生には感謝の気持ちでいっぱいです。
DR「さて、一年目検査のメニューはどうしますか?」
「自覚症状が無ければ、マンモと血液検査でいいと思うけど。
希望があれば全身検査も行いますよ。ただやっても意味が無いんだけどね」

私「意味が無い?って、何故なんですか?!
DR「再発転移を検査で見つけられるのも、タイミングの問題なんだよね」
「今 全身検査をして何も無くても、次の検査までの間に異常が出るかも知れないし。
要するに自覚症状が出てから検査しても遅くは無いと言う事です」

私「はぁ~そうなんですか」
何だか妙に納得してしまった…。
何らかの異常を感じて検査をして発見されるケースが多いし
現に私自身も4月の検査では異常無しだったのだから。
(中には健康診断で早期発見できるケースもあるけれど
これは本当にいいタイミングで検査を受けられた方だと思います)
…と言う事で
私「マンモ.血液検査.CTでお願いします」
DR「分かりました、予約入れておきます。異常を感じたら、すぐに受診してくださいね」

検査日は9月25日になりました。

スポンサーサイト

2007.09.06 Thu 20:35

Copyright © 桜の季節を重ねて… All Rights Reserved.

Material & Designed by 歩いた先には潰れた銀杏

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。