CALENDAR
2017.04.
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

さくら

Author:さくら
2006.9.6 乳癌告知
   10.6 温存手術
  12.25放射線治療終了
  11~UFT服用開始
2007.2 肝機能障害で服用中止
   3~現在 無治療
東京在住40代.A型.主婦

最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
桜の季節を重ねて…

さくらのつぶやき

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- -- --:--
入院まで 1
9月14日F病院の初診日だった。

Tがん検センターに寄って、紹介状と必要書類を受け取り
母に付き添ってもらい、その足でF病院へ。
(この時病状説明書をもらい、初めて自分の癌について
 詳しい情報が分かった。告知の時に渡しそびれたらしい。)
2時半の予約なのに、3時.4時を過ぎても名前を呼ばれず
4時45分にやっと診察室に入る事ができた。
(待ち時間が長かった~(ToT) )
これから主治医になるDrの印象は、想像よりも若く
(たぶん40代くらい)外見はクールだけれど
優しい話し方をする人でした。
紹介状と書類(マンモ.エコー.細胞診の結果)を確認して
先ずは触診、乳房.胸.脇の下…1週間前には無かったのに
脇の下のリンバ節に腫れがあった。
しこりの大きさから言って「手術を先にやります」と言われ
すぐに手術室とベッドの予約を入れた。
しかし、どちらも混んでいるので、早くても3週間は
待たなくてはならない。
入院日も手術日も未定、病室は個室にしてもらい
空き次第、連絡が入る事になった。

私「手術までの3週間に癌が広かるのが心配です」
Dr「そんなに早く広がったら、もうとっくに他の臓器に
  転移しているよ」
私「そうですか…脇の下の腫れが心配です」
Dr「エコーで見ないと詳しい事は分からないけれど
  癌を止めるために腫れている場合もあるからね」
Dr「19日にエコーと術前検査をして、そのあとに説明します」

会計を済まして、病院を出たら5時半だった。

(2006.11.9 記)
スポンサーサイト

2006.09.14 Thu 00:00
NAME
MAIL
URL
TITLE
COMMENT
PASS
SECRET  管理者にだけ表示する
TOP

TRACKBACK URL

TOP

Copyright © 桜の季節を重ねて… All Rights Reserved.

Material & Designed by 歩いた先には潰れた銀杏

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。