CALENDAR
2017.10.
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

さくら

Author:さくら
2006.9.6 乳癌告知
   10.6 温存手術
  12.25放射線治療終了
  11~UFT服用開始
2007.2 肝機能障害で服用中止
   3~現在 無治療
東京在住40代.A型.主婦

最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
桜の季節を重ねて…

さくらのつぶやき

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- -- --:--
ま、まさか~~ 2
更衣室へ入って、目の前の鏡に映った自分を見たら
涙がポロポロとこぼれた。
4年前に胃癌(スキルス)で亡くなった姉に
「告知を受けた時、本当に辛かったよね…何もして
 あげられなくてごめんね」と心の中で謝りました。
がん患者を支える立場を経験している私は
自分の事より、周りの気持ちが心配でたまらなかった。
また親に辛い思いをさせてしまう。どうしよう…
そんな事を考えながら、保健婦さんと別室で
病院の紹介を受けた。
Aがんセンター.S路加病院を勧められたが
『メニエール病』持ちの私にはそんな遠くまで通える事が出来ない。

私「家族と相談して決めたいのですが」
保「明後日までに決めて頂かないと、来週からDrが夏休なので
  紹介状は10日後になってしまいます」
私「分かりました2日後のお昼に連絡いたします」
保「大変だと思いますが、なるべく早く診察を受けた方がいいので」

ボンヤリしながらも無事に家へ辿り着き、主人に報告した。
主人との会話のやりとりはあまり記憶にない。
ただ冷静に受け止めてくれた事が救いだった。
たぶん心の中は、不安や心配や色んな感情でごった返していたと思う。
それを表に出さない事が主人の優しさだと思った。

私は、これが自分に与えられた『運命』なんだと思い
泣きもわめきもせず、不思議と冷静でいられた。
そして、主人が作ってくれたお昼ご飯を食べて
暫くソファーで眠った。

そして、夕方帰宅した母に報告するのが1番辛かった。
ガックリと肩を落としてうなだれてしまった…
「私は大丈夫だから!」と何度言っても、娘二人が癌になるなんて
親にしてみれば、想像を絶する気持ちだったと思う。
親不孝をしてごめんね。

(2006.10.23 記)
スポンサーサイト

2006.09.06 Wed 00:00
お姉さんの事 辛かったですね
私も4ヶ月前に 父を亡くしました
4年前に胃癌の手術を受け それが肝臓・胆のうへ転移してしまって・・・

自分が乳がんの告知を受けるより 父の胃癌が発覚した時の方が
ずっと胸が痛みました
私も主人や子供に伝えるより
やっぱり電話で母に伝えるのが1番辛かった・・・
でも 無かった事に出来ないもの!
少しでも元気になって 母親を安心させたいね☆
それが1番の親孝行かな^^
それに取り乱したりせず冷静に対応してくれるご主人が側にいてくれるのだもの
心強い限りじゃないですか!

メニエールのめまいは かなり頻繁に起きるの?
私は夜寝ている時とか 朝起きた時にくるときが多いのだけれど
さくらさんは突然めまいに襲われる事もあるのかな?
突然だと怖いよねi-198
めまいを薬で治めることって出来るのかしら?
FROM:あおい URL 2006.10.28. Sat 00:03 [EDIT]
あおいさんのお父様も胃癌だったんですね。
姉も胃癌から、卵巣.肝臓…最後は全身転移でした。
私達 姉妹は仲良しで、いつも一緒にいたので
言葉にならない程辛かったです。
姪の為にも、子供の居ない自分が代わって
あげたかった位です…

そうですね!1番の親孝行は元気になる事ですね(^_^)
何がなんでも、親より長生きしなくちゃ~
主人には本当に感謝しています。
私という人間を、よく理解しているので助かります。

今の耳鼻科(平衡感覚科&アレルギー科)に
通って、ここ2年位は大丈夫だったけど
入院6日前に軽いめまいが起きてしまいました。
2年前までは、春と秋 季節の変わり目になると
調子が悪くなっていました。
私も前日から耳鳴り.頭痛.耳の閉塞感などが強くなる
予兆があり、朝起きた時に来るのが分かります。
命にかかわる病気ではないけれど、あの吐き気
天井がグルグル回る恐怖は、なった人でなければ分からない…(T_T)
起き上がれなくなっちゃうんだもの。
残念ながら薬で治める事も予防する事も出来ないそうです。
起きてしまったら、安定剤を飲んでとにかく体を休める事くらい。
最初の時は、元に戻るまで2ヶ月近く掛かりました。
ホント、この病気は最悪デス(+_+)
FROM:さくら URL 2006.10.28. Sat 14:03 [EDIT]
今、初めて、さくらさんの「ま、まさか~~2」の記事を拝見しました。

辛いことがあったのですね。
娘たちが病気になり、お母様はさぞショックでいらっしゃることでしょう。

めまいの辛さもよくわかります。天井がぐるぐると回る恐ろしさ、あれは経験した人間でないとわかりませんね。私もメヌエル病とまではいかないですが、しばらくめまいがして怖かった時期があります。

お母様のためにも、辛い治療になるかもしれないけど、がんばらばいといけませんね。
あんなこともあったねとお母様やご主人と笑える日がくるように、明るく病気と闘いましょうね。
FROM:よつば URL 2006.10.29. Sun 15:22 [EDIT]
そうですか・・・
お姉様 心残りでいらしたでしょうね。
さくらさんやお母様のお気持ち、察するに余りあります。
でもさくらさんもおっしゃるように 
親より長生きしなくちゃ~ ですよね^^
私も一緒に頑張ろう♪

乳がんは色々と新しい手術法や治療法や薬が出てきているけれど
めまいに関しては 20年前とそう大して変わっていないという事でしょうね?
当時処方されたのは 精神安定剤とビタミン剤くらいでしたけれど
私にとっては ただの気休め程度でしかありませんでした

私もさくらさんと同じ予兆があります
20年以上かかって めまいのていども期間も少し落ち着いてはきたけれど
季節の変わり目は確かに要注意ですね!
術後治療中にせめてめまいが起こらないように
全速力ではなくご自分のペースでね☆
FROM:あおい URL 2006.10.29. Sun 23:34 [EDIT]
よつばさん
私が今まで生きてきた中で1番辛かった出来事です。
親にしてみれば、はかり知れない悲しみだったと思います。

よつばさんも回転性めまいを経験しているんですね(+_+)
あの状態は、かなり辛いです…
いつも涙目になりながら、寝ていました(ToT)
人に話ても辛さは分かってもらえないし
長い間、孤独感を感じていました。

めまい.乳癌.同じ病気の方と知り合えて
本当に心強いです。
いつも有難うございます。
これからも一緒に闘っていきましょうね(^_^)v
FROM:さくら URL 2006.10.30. Mon 18:29 [EDIT]
あおいさん
最後の最後まで、子供の事ばかり心配していました。
その子(姪)も今年、高校生になりました。
私の事を母親のように慕っているので
同じ思いを二度とさせたくありません!
だから、おばあちゃんになるまで生きなくちゃ(^_^)

そうみたいですね…安定剤.ビタミン剤.利尿剤などの
処方がほとんどです。
ホント気休めにしかならないですよね(-_-;)
これだけ医学が進んでいるのに、何故に「めまい」に
関しては、画期的な薬が登場しないのかしら?!
やはり、原因不明だから?!
あおいさんも季節の変わり目が注意なんですね。
気圧と関係があるようですよ~
治療中に起こらない事を祈ってます。マジで困っちゃうよぉ(ToT)
FROM:さくら URL 2006.10.30. Mon 18:42 [EDIT]
NAME
MAIL
URL
TITLE
COMMENT
PASS
SECRET  管理者にだけ表示する
TOP

TRACKBACK URL

TOP

Copyright © 桜の季節を重ねて… All Rights Reserved.

Material & Designed by 歩いた先には潰れた銀杏

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。