CALENDAR
2007.03.
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

さくら

Author:さくら
2006.9.6 乳癌告知
   10.6 温存手術
  12.25放射線治療終了
  11~UFT服用開始
2007.2 肝機能障害で服用中止
   3~現在 無治療
東京在住40代.A型.主婦

最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
桜の季節を重ねて…

さくらのつぶやき

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- -- --:--
姪からの電話
暫くの間 ブログ&コメントを放置してしまい
覗いて下さった方.コメントを下さった方
大変失礼いたしました。こめんなさいm(__)m

昨年の12月 姪が何度も家に来たい!と言っていたのを
放射線治療中だった私は体がしんどくて
何かと理由をつけて断っていました。
もちろん姪が来てくれるのは嬉しい事です。
でもあの時は、自分の事が精一杯で
姪の相手をしてあげる心と体の余裕が無かったのです。
そんな事が続いたある日
「私が行ったら邪魔?」と言う内容のメールが来ました。
散々悩んだ挙句、今の状態を姪にカミングアウトしました。
母親を癌で失った姪に、母親代わりの私の告白は
残酷すぎる…と思ったけれど、姪は冷静に聞いてくれました。
姉が亡くなった時、6年生だった姪も
今年の春には高校2年生になります。
母親の死を乗り越えて、精神的に強くなり
第一希望の高校へ入学して自信に溢れて
ずいぶん頼もしくなりました。

そんな姪から今回の決断について、電話がありました。
「抗がん剤をしないかも知れない」と言う私の言葉に
『諦め』を感じたそうで、姪にお説教?をされました。

「学校や日常で辛い事があっても、帰れる場所(私の所)が
あるから頑張っていられるんだよ。
さくらちゃんが居なくなったら、私は1人ぼっちに
なっちゃうじゃない!諦めるような事は言わないでよ。
私が就職したら、さくらちゃんに楽しい事いっぱい
してあげたいし、ずっと側に居るからいつまでも
元気でいてよね~さくらちゃんだけの命じゃないんだから…」

思わず涙がこぼれそうになりました。
天国にいるママが聞いたら、どんなに喜ぶでしょう…
真っ直ぐに、良い子に成長しているよ。

私の気持ちを全部話したら、姪も賛成してくれました。
「これから何があっても隠さないで全部言ってよ。
私 ママに話たい事がいっぱいあったけれど
いつか戻って来ると思っていたのに…
結局 言えなくなっちゃった。そんなのもう嫌だからね!」

病院へ行く前夜の出来事でした。


スポンサーサイト
2007.03.13 Tue 15:22

Copyright © 桜の季節を重ねて… All Rights Reserved.

Material & Designed by 歩いた先には潰れた銀杏

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。