CALENDAR
2017.05.
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

さくら

Author:さくら
2006.9.6 乳癌告知
   10.6 温存手術
  12.25放射線治療終了
  11~UFT服用開始
2007.2 肝機能障害で服用中止
   3~現在 無治療
東京在住40代.A型.主婦

最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
桜の季節を重ねて…

さくらのつぶやき

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- -- --:--
ま、まさか~~ 2
更衣室へ入って、目の前の鏡に映った自分を見たら
涙がポロポロとこぼれた。
4年前に胃癌(スキルス)で亡くなった姉に
「告知を受けた時、本当に辛かったよね…何もして
 あげられなくてごめんね」と心の中で謝りました。
がん患者を支える立場を経験している私は
自分の事より、周りの気持ちが心配でたまらなかった。
また親に辛い思いをさせてしまう。どうしよう…
そんな事を考えながら、保健婦さんと別室で
病院の紹介を受けた。
Aがんセンター.S路加病院を勧められたが
『メニエール病』持ちの私にはそんな遠くまで通える事が出来ない。

私「家族と相談して決めたいのですが」
保「明後日までに決めて頂かないと、来週からDrが夏休なので
  紹介状は10日後になってしまいます」
私「分かりました2日後のお昼に連絡いたします」
保「大変だと思いますが、なるべく早く診察を受けた方がいいので」

ボンヤリしながらも無事に家へ辿り着き、主人に報告した。
主人との会話のやりとりはあまり記憶にない。
ただ冷静に受け止めてくれた事が救いだった。
たぶん心の中は、不安や心配や色んな感情でごった返していたと思う。
それを表に出さない事が主人の優しさだと思った。

私は、これが自分に与えられた『運命』なんだと思い
泣きもわめきもせず、不思議と冷静でいられた。
そして、主人が作ってくれたお昼ご飯を食べて
暫くソファーで眠った。

そして、夕方帰宅した母に報告するのが1番辛かった。
ガックリと肩を落としてうなだれてしまった…
「私は大丈夫だから!」と何度言っても、娘二人が癌になるなんて
親にしてみれば、想像を絶する気持ちだったと思う。
親不孝をしてごめんね。

(2006.10.23 記)

スポンサーサイト
2006.09.06 Wed 00:00
ま、まさか~~ 1
Tがん検診センターの予約は11時。

まさかこんな結果になってしまうとは思いもよらず
土砂降りの中、自分で運転して病院へ向かった

12時になっても名前が呼ばれず、何故か私の後に来た人が
先に診察を終えて出てくる(なんでじゃ~?!)
そして気が付くと、待合室には私ひとり…
途中、顔見知りの看護士さんが「もう少し待っててね」と
声を掛けてくれた(なんだか様子が変だよ~涙)
暫くして名前が呼ばれ、診察室に入った。

Dr「身内に乳癌を患った方はいますか?」
私「いいえ。」
Dr「そうですか。あのね~、今回の結果良くないんだよね」
 「悪性の細胞が見付かったの」
私「……………」
私「それって乳癌って事ですか?」
Dr「そう言う事になります」

ガ~~~~ン!!!!!

もう頭の中真っ白…

Dr「ご家族も同席されるよう、連絡をしようと思ったけれど
  患者さんの意向もあるので…」

と言いながら、数枚のプリントを出しながら乳癌の説明を始めた。
私の意識は何処かに飛んで、説明など耳に入らない。
途中「5年生存率が○○%で…」とか言ってたっけ。
とにかく疲れているのでもう寝かせて~とボンヤリ思った。

Dr「何か質問はありますか?」
私「今のステージは?」と無意識に聞いていた。
Dr「たぶんⅡだと思います」
私「そうですか…」

Dr「あっ、脇の下のリンパが腫れてないか見せて!」
触診とエコーで確認する。
Dr「大丈夫みたいですね。でも急に大きくなったから
  至急病院を決めて、早く治療に入るように!」
私「4月の時点では何も異常が無かったのに
  こんな事ってあるんですか?!」
Dr「さっきね、3人の先生と4月のマンモとエコーの画像を
  見直したけれど、何も写ってなかったのよ」
私「…………」
Dr「じゃ、着替えて保健婦さんと病院を決める相談をして下さい」

…つづく

(2006.10.17 記)

2006.09.06 Wed 00:00

Copyright © 桜の季節を重ねて… All Rights Reserved.

Material & Designed by 歩いた先には潰れた銀杏

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。