CALENDAR
2017.08.
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

さくら

Author:さくら
2006.9.6 乳癌告知
   10.6 温存手術
  12.25放射線治療終了
  11~UFT服用開始
2007.2 肝機能障害で服用中止
   3~現在 無治療
東京在住40代.A型.主婦

最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
桜の季節を重ねて…

さくらのつぶやき

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- -- --:--
2年目検査
9月の終わりに、2年目検査の為に連日 病院通いをしました。
検査内容は、血液.CT,骨シンチ.マンモグラフィー。
今回 骨シンチは初めてだったので、こんなに面倒だと思わなかった^_^;
朝一番で注射を打ちに行き、午後から撮影…。
注射が痛かったのと、検査室が地下にあるので
何とも嫌な雰囲気&息苦しい感じ。
撮影が始まると、機械が顔ギリギリまで迫ってきたので焦った~
40分近く同じ姿勢で居るので、ついついウトウトしてしまいました(^^ゞ

そして10月6日、放射線科の診察&外科診察&検査結果を
聞きに病院へ行ってきました。
偶然にも2年前の手術日と同じ日!
あの日は大荒れの天気だったなぁ。。。しかも、この日も雨(+_+)
病院へ向かう車の中で、色んな思いがこみ上げて
ウルウルしちゃいました。
放射線科は10分ほどで名前を呼ばれ、すぐに診察が終わり外科へ。
相変わらず混み混み~11時の予約なのに、まだ10時台の診察が終わってない。
1時間ほど待たされて診察室へ。
憩室炎の問診のあと、今回の検査結果を聞きました。
画像を見ながら説明を聞き、すべて異常無しでした(^_^)vヤッター!
無事2年目をクリアして、3年生に進級です。
異常無しだったのは、とっても嬉しかったけれど、何故か心から喜べない自分。
乳癌はゆっくり進行する癌だから、万が一身体に残っている癌細胞が
表に現れるのは数年先の場合もあり…10年で一応完治とみなされる乳癌。
先はまだまだ長い!気が遠くなりそう~~~
いつも心の隅に、再発.転移の恐怖を抱えていかなくちゃいけないなんて。
やっぱ辛いなぁ。後ろ向きな考えが顔を出し、かなり憂鬱(-.-)
それでも無事に2年過ぎた事に感謝しなくちゃね☆
この2年間、すべて私の好きにさせてくれた家族に感謝の気持ちで一杯です。
1年目は自分の気持ちが落ちないように、ひたすら走ってきたけど
2年目は無理が祟ったのか、体調不良ばかりでした。
何か違う…自分はどう生きたいのか?何をしたいのか?
まだ答えは見付かっていません。
だけど ストレスが多かった2年目を思うと、もう無理はしたくないし
人に流されるのもイヤ!
我がままかも知れないけれど、自分が一番心地よい状態で居たいから
嫌な事はハッキリ断る勇気を持たなくちゃ!
…そんな事を考えた2年目検査でした。

最近 胃の調子が良くないので、来週(16日)に胃カメラです。
こちらも問題無く終わる事を願ってます。


スポンサーサイト
2008.10.10 Fri 12:36
4月.7月の定期検査
半年もブログを放置してしまいました^_^;

乳癌に関しては、特に気になるところもなく過ごしていますが
今年になってから精神的に疲れる問題が多くて
そのせいか持病が出たり、体調が良くない日が続いて
気分が凹みっぱなしです(ToT)

4月の定期検査(エコー.触診.問診)は、これといった異常もなく
健側にできた数ミリの水胞も、形.大きさともに変化がなく経過観察になりました。
5月.6月はとにかく体調が悪く、倦怠感.食欲不振.頭痛.貧血.眩暈…と
外出するのが嫌になり、暇さえあれば家で横になり過ごしていました。
人間ってあまりに辛いと、生きている事への感謝も忘れて
「こんな状態が続くなら死んだ方がマシ!」なんてバチ当りな考えがよぎったりして。
毎日 尋常じゃない『だるさ』だったので、ふと 乳癌発症前のだるさを思い出してしまい
慌てて主治医に連絡して、急遽 血液検査もしてもらう事にしました。
7/1にエコー&血液検査、予約時間通りにすぐに終わりました。
エコーをやっている時に、主治医が検査室を覗いてくれたのがとっても嬉しかったです。
そして今日、朝一番で放射線科と外科(乳腺科)の診察へ行ってきました。

放射線科では…
医「胸も柔らかいし、術痕も殆ど分からないくらい綺麗になりましたね」と言われ
脇.甲状腺.胸の触診も問題なしで、すぐに診察終了。
そう言えば、エコーの技師さんにも「手術はしていませんよね?」と聞かれて
私「いえ、ここに術痕があります」と答えたけれど、縫い目も胸の形も綺麗に
手術して下さった執刀医のO先生には、何年経っても感謝の気持ちでいっぱいです。

そして外科では…
エコー.血液検査ともに異常なしでした。マーカー値も正常範囲内だし、貧血も無し。
健側の水胞も今回はエコーに写らなかったそうです。
なので、悪い物ではなさそうなので、それほと心配しなくて大丈夫だそうです。
良かった(*^_^*)…と言う事は、この不調は全部持病のせいかぁ(+_+)
普通の生活が送れないのは本当に辛くて、気分まで凹み、精神的にも
どうにかなりそうな感じ。
乳癌になってから、泣きも喚きもせず、何故か冷静に突っ走ってきたし
家族にも友達にも、弱音を吐く事も無くここまできたんだもんね。
乳癌に関して、こんなに冷静でいられたのは自分でも不思議でならない。
心配になる事はあっても「なるようにしかならない!」と切り替えがはやいし
無意識のうちに頑張り過ぎていたのかも^_^;
そんな感じで術後1年は忙しくしていたから、体にも負担が掛かったのかもね~
これからは自分の気持ちも身体も大切に、のんびりやっていこうと思います。
どう頑張ったって、2つの病気を持った私が、健康な人と同じペースで
やっていける訳がないものね。
私はわたし。自分の出来る範囲内で、これからも楽しい事を見つけていこう~っと☆
さて、10月で術後2年になるので、9月末から検査が盛り沢山です^_^;
今回 初めて骨シンチをやるそうです。

贅沢な事は何も望みません。ただ主人と愛犬2匹の側に居られて
毎年 大好きな桜を皆で見られたら、それだけで私は幸せです。
2年目検査も無事パスする事が出来たらいいな~


2008.07.07 Mon 11:57
結果 2
現在の主治医に変わってから、4月で1年になります。

最初の執刀医でもあるO先生が、あまりにも素晴らしい先生だったので
申し訳ないと思いながらも暫くの間、比べてしまっていました。
しかし、今の主治医も話をよく聞いてくれるし、下らない質問にも
嫌な顔ひとつせず答えてくださいます。
何より患者の不安を取り除いてくれるのが一番有難い事です。
気が付けば、今の主治医を頼りにしている自分がいました。
主治医と患者、相性や物の言い方の好き嫌いなどありますが
私はO先生は勿論、今の主治医とも相性がよいみたいで
医師に恵まれていると思いました。

少し納得がいかなかった事は
昨年の9月末に両胸のエコーをやっているのに、その時は健側には何もありませんでした。
写りにくい場所と大きさだったからなのでしょうか?!
その時の検査技師さんの丁寧さも関係している気がしてなりません。
やっぱり乳癌患者として、再発.転移は一番辛く恐ろしい事で
また健側に新たに癌ができるのも同じくらい恐ろしいことです。
健側の癌は初発になるので、万が一異常を感じたら
できる限り小さいうちに発見して欲しい。
今回は水胞だったから良かったものの、これが癌だとしたら…
そう考えると、今回は何度も丁寧に見てくださって
なんとかエコーに写ったけれど、違う技師さんだったら
見つけてもらえなかったかもしれません。
腫瘍の発見は、いかにタイミングよく検査を受けたかによって と
聞かされた事があるけど、まさにその通りですね。
日頃から自分で触診する事も忘れずに行わなくては。

今回の件で乳癌の恐ろしさを再認識したとともに
これから永遠と続く、再発.転移の心配に何だか愕然としてしまいました。
たまに 何もかもが嫌になったり、落ち込んだりもするけれど
今こうやって『生かされている』限り、当たり前のようにやってくる毎日に
感謝して、前を向いて歩いていかなくてはいけませんね。


2008.01.29 Tue 20:18
結果 1
検査までの17日間、何とも言えない心境でした。

多分 正常乳腺だよね~前の時と感じが違うもん。
でも、万が一って事もあるし。どうしよう…。

と心の中はこの言葉の繰り返し。
母や主人に余計な不安や心配を掛けたくなかったので言えませんでした。

そして24日、何でも無い事を祈りつつ病院へ行ってきました。
エコーのあと、すぐに主治医が説明をして下さいました。
…なんと!心配していた術側には悪い物も何も写っておらず
何度も何度も見ていた健側の胸になにやらでき物が(T_T)
主治医と一緒に画像を見ると、乳首のすぐ下に5ミリ程のでき物が写っていました。
他との境目がハッキリしているので、悪い物ではなさそう。

主「多分 水胞だから大丈夫!心配しなくていいけど、一応 細胞診しておこうね。
  スッキリしたいでしょ?!」
私「はい。でも前回のエコーまで17日間もあって、不安で胃潰瘍になるかと
  思ったから^_^;なるべく早くお願いできますか?」
主「(笑いながら)じゃ、今から細胞採ってきて。29日の診察前に来れば
  一番で結果教えるから」
私「この病院での細胞診は初めてなんですけど~痛いですか?
  (と バカな事を聞いた ^_^;アセアセ)
主「そりゃ~麻酔なしだから痛いかも」

5ミリのでき物に針を刺すのは簡単ではなく、エコーにも見え隠れして
なかなか場所を特定できない。
針を刺しても上手く細胞が採れず、数回やってやっと採れた!
痛さは思ったほどでは無かった…やっぱり私って鈍感?!
何だかんだで1時間も掛かってしまい、帰宅が遅くなったので
母に怪しまれた(+_+)

今日 朝一番で病院へ。5分程待ってすぐに診察室へ呼ばれた。

主「悪い物は何も出てこなかったよ。やっぱり水胞だね」
私「水胞ってそのまま放置しておいて癌化する事は無いんですか?」
主「ありません。○○さんは乳癌をやってるから細胞診をしたけれど
  やってない人が外来できたら、この程度では細胞診はやらないから~
  大丈夫?安心できた?!」
私「はい。健側にも癌ができる確率ってどれ位なんですか?」
主「全体の(乳癌患者)2~3%くらいかな。自分が今まで執刀した
  患者さん(200人位)で2人居ました」
私「そうですか~やっぱり一度やると健康な人に比べるとでき易いんですね」
主「3ヶ月後にもう一度エコーで見てみましょう。その日は自分がエコーやりますから」

結果を聞いてとりあえずホッとしました。(2に続く…)


2008.01.29 Tue 20:00
異常?!
毎日寒い日が続いています。
昨年の冬は比較的に暖かい日が多かったので、この寒さが体にしみる感じです。
1/7に今年初めての定期検診を受けてきました。
実は年末に術側の胸に何か当たるようなものに気が付き
生理前だったので『乳腺?』とも思えるし、腫瘍とも思えるし…。
触ってみると、以前できた腫瘍(癌)とは何となく違う感じだったけど
不安なまま年を越し、7日の診察日に放射線科と乳腺科の医師に見てもらいました。

話はそれますが、1月上旬の新聞に通院している病院と
外科部長のお写真が記載されてビックリ~
この辺りの病院で、乳癌手術の症例数と温存率がトップになったとか。

放射線科の女医さんは「多分 正常乳腺だと思うから、経過観察していきましょう。
でもT先生(今の主治医)はすぐにエコーすると思うけどね。」
そしてT先生「おそらく正常乳腺だけど、一度やってるから(乳癌)気になるよね。
安心するためにもエコーの予約を入れておくから」との事でした。

エコーは半月後の24日になりました。


2008.01.28 Mon 18:40

Copyright © 桜の季節を重ねて… All Rights Reserved.

Material & Designed by 歩いた先には潰れた銀杏

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。